富士山の豆知識

何合目という言い方はどこからきたのでしょうか?

 『合目』とはいったい何なんでしょうか。この『合目』についての資料は大変少なく、わずかに大著『富士の研究』(全六巻・富士山本宮浅間神社社務所・昭和三年刊)に見ることができます。それによると、なぜ容量を表す『合』を用いたかに付いては五つの説が上げられています。

(1) 富士山は枡に入れた米を地上にあけたときの形に似ているので、桝目を用いて一里を一合とした。
(2) 梵語の『劫』が『合』に変化した。つまり、富士登山の苦しさを人生の苦難にみたて、その難しさを劫数⇒合目で表した。
(3) 富士山の祭神はコノハナサクヤヒメという女神であるので、生命誕生、胎生十ヶ月を十号に分けた。
(4) 山頂のことを御鉢といい、仏教用語でもおそなえする米を御鉢料と言うところから、米にたとえて『合』で区分した。
(5) 昔から洪水の水量をたとえるのに『何合何勺』の水といったので、これにあてはめた。

 つぎに、どのようにして一合目から頂上までの距離を決めたのでしょうか。はっきりしたことはわからないのですが、かつての登山が、修行や人間形成のための登山であったことを考えると、各人の最終目的を十段階に設定し、その到達状況で、現在は何合目と決めたのではないか。また、昔、山伏が酒一升かついで富士山に登り、途中で休んでは一合飲み、また休んでは一合飲みで、頂上に着いたときに最後の一合飲み終えたというお話もあります。
富士山の標高 3776m

入口〜1合目 登山時間/2時間15分
1合目〜3合目 登山時間/50分
3合目〜5合目 登山時間/1時間
5合目〜6合目 登山時間/20分
6合目〜7合目 登山時間/1時間
7合目〜8合目 登山時間/1時間30分
8合目〜頂上 登山時間/1時間30分


富士山にかかる雲と天気予測
◎みだれ笠 ・・・
◎ふきだし笠 ・・・
◎うず笠 ・・・
◎ルンズ笠 ・・・ 風雨
◎はふ笠 ・・・
◎はなれ笠 ・・・
◎うねり笠 ・・・
◎にかい笠 ・・・
◎われ笠 ・・・
◎つみ笠 ・・・
◎すえひろ笠 ・・・
◎よこすじ笠 ・・・
◎おひき笠 ・・・
◎ひさし笠 ・・・
◎ひとつ笠 ・・・
◎えんとう笠 ・・・ 風雨
◎まいかけ傘 ・・・
◎とさか笠 ・・・
◎かいまき笠 ・・・ 風雨
◎なみ笠 ・・・ 風雨
富士山の雲
●富士山に傘雲がかかると雨が降りやすい。
●富士山の南に雲があれば天気が良く、北に雲があれば悪くなる。



ここをクリック
あなたのネットライフを大きく変える高速接続サービス
ここをクリック
インターネット接続の、お得なプランが勢ぞろい
ここをクリック
インターネットとパソコン、安心サポートを月額2,400円〜


山小屋ガイド | 富士吉田市の情報 | レジャーガイド | FUJIGOKO CYBER CITY
一般第二種電気通信事業者(A-11-3409)
Copyright (C) Fujigoko Net. 1997-2003 All rights reserved.